ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機中条エンジニアリング

様々な製品を適切にリサイクルいたします

企業の社会的責任は年々重くなってきております。使用済み製品を適切にリサイクルすることにより、社会に貢献することをご提案いたします。

情報機器のリサイクル

製品知識を兼ね備えた人材による適正解体、セキュリティ部品の物理破壊を実施しております。
また、分解・分別された素材は日本国内にてリサイクル処理を実施しております。(リサイクル率99%以上)

手作業による解体・分別

手作業でユニット・ケーブル・板金部品等を解体し分別していきます。ユニットは二次処理業者で細かくシュレッダー掛けられ、素材毎に分別されます。

手作業による解体・分別

HDD物理破壊

お客さまの機密情報が入っているHDDは、情報漏洩防止の為、データ消去だけでなく、完全に復元されないよう物理破壊を行います。

HDD物理破壊

分別された部材と主なリサイクル用途

板金

板金写真
鉄鋼製品として再利用

ケーブル

ケーブル
主に銅を回収し再利用

プリント基板

プリント基板
主に金を回収し再利用

モールド

モールド
熱回収および、路盤材として再利用

電池

電池
JBRC*1でニッケル・鉄・カドミウムとして再利用

HDD

HDD
ネオジムを回収しネオジム磁石製造

ユニット(小)

ユニット(小)
シュレッダーで細かくし、
鉄と非鉄に選別鉄鋼製品として再利用

*1
小型充電式電池の回収・リサイクル活動を行なうことを目的に電池メーカー各社と充電式電池内蔵機器メーカー各社により設立された団体。

情報機器リサイクル実績

情報機器リサイクル実績グラフ

お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽に下記までお問い合わせください。

エンジニアリング事業部

TEL:0254-46-5564 FAX:0254-46-3885 〒959-2608 新潟県胎内市富岡46番地1